ソファーの配送料目安

ソファーの配送といえど各社料金がマチマチなのが現状です。

そこで、格安な業者を見つけるためには一括見積もりで料金を比較してみましょう。

ソファーの配送料が安いとこを早速、見つけてみる⇒
(引越し価格ガイドは料金の目安が最短1分で分かります。)
参加中の大手参加業者一部抜粋
WS000167
WS000168

 

もし、ソファーの運賃はいくらぐらいかかるのか目安を調べるには下記の計算機を参考にして下さい。

ソファーの配送目安表
ソファサイズ 料金

200サイズ

・オットマン

4182円

300サイズ

・ローソファ

10945円

350サイズ

・ラブソファ
・カバーリングソファ

16555円

400サイズ

・リクライニングソファ
・コーナーソファ
・ソファーベッド

23375円

450サイズ

・コーナーカウチソファ

30195円
配送先を変更する 東京都⇒東京都

配送元を選択してください。

配送先を選択してください。

 

小さいオットマンぐらいであれば、低価格で運搬出来ても、大型サイズになるカウチーソファーやベッドソファーになると運賃だけで数万円はゆうにかかってしまいます。

たった一つソファーを送るだけでも、サイズの大きさで運賃が高くなってしまうので仕方ありません。

 

だからこそ、安い業者を見つけるためには、業者の中で料金の複数見積もりが必要なんです。

 

実際に、家具一つの運搬だとしても、比較によって、
料金が倍になったり、半額以下になったりと変わる事もあるんですよ。

 

これは、各業者による輸送荷物の得手・不得手はもちろん、配送する時期や日時といった条件でも料金は変わってくるからなんです。

 

この費用を安くあげる為に、一番安い業者を見つける為にやるべき事はとっても簡単です。

 

運搬可能な会社だけで料金の比較を行い、価格競争までしてもらう、こんな時にこそ使うべきサービスが無料の一括見積もりなんです。

ソファーの梱包から運送まで全てお任せしていくらぐらいまで安くなるのかを調べるためにもぜひ活用してみましょう。

もちろん、安心の大手から格安な業者まで参加しているので、節約のためにお役立て下さい。

人気の一括見積もりサービス(全部無料です。

料金の見積もりだけでもOKなので、格安業者探しにお役立て下さい。

 

 

ソファーの配送料金が各社違うのってなんで?

ソファーの配送料金を数社調べるだけでもバラつきがありどれが相場なのか戸惑いますね。

ここまで違う理由には、運搬する荷物が単品の方が得意な業者であったり、複数点あった方が得意と様々だからです。

単品の長距離輸送であれば、燃料費のコストカットのため鉄道を利用するコンテナ便といった方法を利用したり、
長距離専用の輸送経路を確保している事もあり、まとめて荷物を運送する混載便といった格安な方法も提供しています。

それ以外にも、
時期だけでも料金が変わることが多くあり、暇な時期であれば安くしてでも運んでくれたり、
時間の指定をしないフリー便の利用で安くなったりもしていきます。

また業者によっては家具だけのプランや単品プランを用意していたりと、各社の独自プランを利用することで安くなる事もあります。

ソファーの配送時には梱包や送り先での設置まで必要になりますが、この点も業者により無料であったり有料であったり様々です。

色んな条件が組み合わさって見積もり額が出されるので、どこも料金が異なり、変わっていくという訳なんです。

ソファーといった家具の配送は、そう何度も行う事では無いので、どこが対応出来るのか調べるのにも大変ですし、安い業者を探すのはもっと時間がかかってしまいますね。

同じ荷物、同じ距離でも提示される料金が変わるので、対応可能な業者に出来るだけ多くの見積もりを取る為に一括見積もりサービスを参考にしてみて下さい。

 

ソファー配送前の注意点ってどんなこと!

ソファーの配送前は注意点や確認事項をしっかりと行って下さい。

◆まず第一にやることはソファーのサイズの確認です。

ソファーと玄関のサイズ確認

分解できるタイプであれば問題ありませんが、配送先の目的場所にサイズが大きすぎて入らないといった事が当日になり分かったというケースが実際に良く起きています。

搬入経路を確認をする場所は、

  • 一戸建ての場合は玄関から階段の幅、リビングの扉から中まで通せるかどうか?
  • 賃貸物件の場合は階段の踊り場から、エレベーターの大きさを計測し、ソファーを通せるのかの確認をして下さい。

当日、ソファーが届いてから家の中に入れられないと分かった場合、
クレーンやスカイポーター車また、人力による吊り作業などが必要になり余計な出費が出てしまいます。

当然ながら業者は配送先の立地条件まで確認には行きませんので、ご自身で確認する必要があります。

大型荷物の扱いに慣れている引越し業者であれば、立てたり斜めにしたり、くの時にしたりどうにか搬入する方法を考えてくれます。

注意しかし、慣れていない業者の場合は、ソファーを玄関口において帰ったり、他業者をあっせんして帰社するケースもありますので十分に注意して下さい。

 

◆次にソファーの梱包ですが、こちらは当日に専用資材で業者自身が荷造りを行ってくれる会社を選択してください。

ソファーの梱包
毛布やエアクッションを利用して慣れていない方が荷造りをすると、持ちにくい・滑らして落とすなど弊害が出て汚れや破損などにつながります。

 

◆さらに、廊下や階段の壁を養生する事も必須条件です。

建物の養生

大型ソファであれば、家屋の搬出入時に壁やソファー自体を傷める危険性大なので見積もり時に養生を行うのかご確認ください。

養生を行わない業者や有料になる業者は使うべきではありません。

 

◆最後に保険の確認です。

保証

業者によっては未加入の場合があるので契約前に確認をして下さい。

  • 引越し業者は、引越し保険で限度額は1000万円まで、
  • 運送業者は、運送保険で限度額は30万から200万円まで

と幅広く設定されていますが、見積もりに含まれる場合と、自己加入の場合があるのでこちらも合わせて確認してください。

事故を起越した場合に、責任の所在を明らかにするためにも、配送前にはソファーの写真を撮っておく方がもしもの時にも安心です。

 

ページ上部へ戻る